ロコモセラピー 明日はもっとアクティブに生きよう!!



健康への想い

2013年9月13日

骨密度が上がった!

今日、会員さんと話をしていたら、
「先生!骨密度上がったよ!」の声

嬉しいですね~!

この方は、細めで50代の女性。
運動習慣はあまりなく、でもそろそろ何かしなきゃと思い立ってフィットネス施設に入会。
週二回の水中運動を2年くらい続けています。

 

一般的に、水中運動で骨密度を上げるのは難しいと言われています。

水中には浮力があるので、骨に負荷がかかりづらいのです。

首まで浸かると体重は1/10になってしまうので、自重トレーニングのように、自分の体重を重しにすることも出来ません。
関節可動域を広げたり、筋肉の柔軟性を増すのには最適ですが、骨に力を加える加重運動の効果は難しいのです。
陸上で筋トレをすると骨密度がアップするという話もよく聞きます。

水中は、手や足の動かし方、速さで負荷のかけ方が大きく変わります。
強く早く動かすことによって、筋力もアップすると言われていますが、陸のトレーニングと比べると、骨への刺激はどうなのでしょう・・・。

今度、文献も調べてみますね。

 

どうして、この会員さんの骨密度が上がったのか?

多分、ここのプールの深さだと思います。

この施設は、水中浴槽と言われプールとは深さが全然違います。
胸下、みぞおち下位の深さで、普通のプールより大分浅い水深です。

ジャンプをすると、裸足の分、結構膝にきてしまうので、反対にあまり続けてはしないように気をつけています。

深いプールより立ちしゃがみ、スクワットの姿勢等がやりやすく、大股歩きも関節可動域をしっかりと使って力を入れて歩くことが出来ます。

 

ここのプールの深さが、水中運動、アクアビクスが結構骨に力を与える運動になっていたのかもしれません。

 

最大限の筋肉の伸び縮みも、骨と腱の付着部に負荷を与えていたのかも。

 

他の方にも是非聞いてみたいと思います。

 

理由は、正確ではないかもしれませんが、
効果が出たという報告はとても嬉しいものです。

 

「ずっと続けたいです!」と言って帰って行かれる姿を見て、私も、もっと効果的な指導ができる指導者になりたいという思いが深まりました。

 

管理人 健康運動指導士 sunnykid