ロコモセラピー 明日はもっとアクティブに生きよう!!



健康への想い

2013年12月5日

20年通ってても・・・・。

今、どうにかしたい、してあげたい方がいます。

 

もう、20年近くもプールに通って下さっている会員さんです。

 

私が教室を担当するようになったのは、2か月前。
でも、毎月体組成測定を担当していたので、4年前程からのお付き合いです。
年齢は、20年も通って下さっているので結構な御歳で、84歳。

 

84歳で、週2回プールに通っている事だけでも素晴らしい事なのですが、
最近、特に体力が落ちたような気がします。

 

というのも、プールサイドに腰掛ける時、まずしゃがめない。
そして、寝た所から起き上がることがしづらくなっていたのです。
手を貸してあげてようやく起き上がることが出来ました。

 

 

実は、この方一人暮らし。
今は、人づきあいがあまり活発な方では無いらしく、
人と接するのは週2回のプールと月2回のゲートボールのみ。
プールに通うことを本当に楽しみにして下さっています。

 

でも、だからこそ心配なのです。

 

 

もし、ご自宅で転んで立てなくなってしまったら・・・。
そして、ここに通う体力・気力が無くなってしまったら・・・。

 

 

昔は、とてもおしゃれで活発な方だったそうです。
でも、年齢と共に活動量は減り、今ではご飯を作ることもしなくなり、
外に出るのは、週2回のプールと月2回のゲートボールと、1~2日に1度位の買い物のみ。
その他は、家でジッと正座をしているそうです。

 

まだ、ここまで体力が落ちる前に、
外に出て、誰かとランチしたり、お散歩行ったりしましょう、とか、
座ってばかりではなく、少し家の中でもうごいてみませんか?などお話しをしました。
「友達でもいればね~。仕事してたからランチとか行く友達が近所にいないの。散歩はどうもやりたくない」と言われてしまいます。

 

少し、認知症も入ってきてるらしく、お薬も毎日飲まれています。

 

 

ん~・・・・・。
他人の家庭事情まで入り込むことはできませんし、
人の人生まで立ち入ることはできませんが、
このままでは、危険すぎます。

 

どうしたらよいのでしょう。

 

 

私に今できることは、プールにいらした時に、
少しでも体力をつける為の運動指導をすること。
そして、心を前向きに、また来たい、ここに通う為に頑張ろうと思って貰うこと・・・。

 

 

けど、危機感は伝えておかなくてはいけない。
本人に少しでも、日常生活の中で身体を動かそうと、動かさなくては大変な事になると、知って貰わないといけない。

20年プールに通っていたら、何もしていない人より運動しているんだから大丈夫、と思うかもしれませんが、プールというキーワードが問題なんです。
プールは、水の抵抗があるので、早い速度や大きな面で身体を動かすととても程良い筋トレや可動域訓練、心肺持久力強化になります。
でも、ゆったりまったり行っていては、筋力・体力が増すことは難しいのです。

陸上では重力が関係するので、立っている、歩くと言う動作も体重分の身体動作となります。
重りを使った筋トレは特に、筋肉や骨を刺激します。
プールでのトレーニングは、上手に行わないと、宇宙遊泳のようなただ漂うだけのトレーニングになりかねない時もあるのです。
いつも、プールしかトレーニングをしないという方に私は、
プールも良いけど、陸上トレーニングもしてね、と言います。

 

 

 

 

こんな想いが強すぎて、先日言い過ぎてしまいました。

 

 

本人からの言葉。
「先生、わかってるけどそんなに言われたら、ここに来たくなくなる。」

 

 

そうでよね・・・。
あまり、運動しなさい、動きなさい、ばかり言われたら私だって嫌になってしまいます。

 

 

 

嫌にならず、でも動きたくなる方法・・・・、言葉かけ。

考えます。

泳いでいる時は、本当に気持ちが良さそう。
もともと、姿勢も良く骨格もいいので、歩いている姿を見ても、70歳くらいにしかみえません。
まだまだ元気でいて欲しい。

 
元気な84歳の方が施設にたくさん通われているだけに、つい思ってしまいます。

 

管理人 健康運動指導士 sunnykid