ロコモセラピー 明日はもっとアクティブに生きよう!!



アスリート

2016年7月26日

自分にできることを精一杯する

バタバタした毎日を過ごしていますが、
皆さんは、暑い夏、いかがお過ごしですか?

 

 

野球部の息子。

最後の夏が終わりました・・・。

 

DSC_7490

野球少年の目指すところは、やはり、甲子園!

野球が大好きで、本当は、クラブチームに入りたかったのですが、
家庭の事情で入れてあげることが出来ませんでした。

小学校・中学校・高校と部活で野球を続けてきましたが、
割と野球の強い学校に入ると、みんなクラブチーム上がりの子ばかり・・・。

結局、最後の夏ベンチには入れたけど、9人のメンバーに入ることはできませんでした。

 

親として、出来ることを精一杯やらせてあげたかったのに、なぜあの時クラブチームに入れてあげられなかったのだろう・・・、後悔をしています。
でも、後悔しても何も解決しないですし、息子は、ずっと、自分のできることを手を抜かずに、精一杯やって来ました。
そのことで息子が私を責めたことはありません。

最後は、私も腹をくくって、応援に徹しました。

 

彼の得意分野は、
みんなを見れること。

声を出すこと。

毎回試合のたびに、声をからして、応援や指示出しを行っています。

 

夏の試合も、三塁コーチャーを任され、2試合の前日。
強いと言われる対戦相手の試合のDVDを見て分析をしていて、明日は代打も出ない、三塁コーチャーに徹すると言い、

部員に分析した結果をLINEで伝え、一生懸命自分にできることを行っていました。

 

そして当日、

IMG_20160718_230000

残念ながら負けてしまいました。

 

自分も出たかったと悔しがるのかなと思ったら、

 

なんと、笑顔!

皆が精一杯プレイしていたのが、嬉しかったと。

もちろん悔しいけど、やれることはやったからと、晴れ晴れした顔をしていました。

一生懸命やって、でも相手の方が全てにおいて上だった。
そんな相手と出来て嬉しかったと…。
そこまで、頑張ったと言い切れるって素晴らしいなと思いました。
そして、笑顔で終われるのは、幸せなことなんだな~と。

 

それを見られた私も、親としてとても幸せでした。
なかなか仕事仕事で、ほとんど親としてしてあげられなかったけど、
仕事の形態が変わって、最後の半年はようやく親らしいことをしてあげられ、本当に幸せでした。

 

 

わがままを言って、仕事の調整をさせて頂き、クラスもお休みを頂いたところもあり、大変感謝しております。

 

 

 

親バカの私は、
彼の、野球やチームプレイに対する考え方、物事に取り組む姿勢を尊敬しています。

 

 

私も、仕事や家の事、色々あり、
果たして、自分にできることを精一杯やっているのだろうか・・・と、考えらされます。

 

やりたいことと、やらなければいけないこと、
必要なことは、同じとは限りません。

 

人間のカラダもそうですね。

 

歳をとると、やれなくなること、昔はできたのにカラダが思うように動かなくなることが起こってきます。

 

もちろん、ショックで嫌だなと思うこともありますが、
そんな時、悲観的になるだけではなく、
その時々その自分のステージで、できる事、やりたいことを精一杯できるって幸せなことですね。

 

前向きに、プラスに、自分らしく生きる。

 

そんな頑張る人のカラダづくりを応援し続けたいと思っています。

 

 

それが、私が、出来ることを精一杯やる、伝えるってこだと。

 

 

息子の最後の夏を見て、私が感じた事でした。

 

 

さあ、次は、
受験生の母も頑張ります!

 

 

 

 

 

管理人 健康運動指導士 sunnykid